Home » News » ベトナムでのBPO市場

News, News

ベトナムでのBPO市場

19/06/2017

Cushman とWakefieldの“the BPO and Shared Service Location Index 2016”の報告により、経済・政治条件の変更に従って、BPO事業の投資は伝統的な国から手掛ける国に移動する事になってきます。

潜在的な目的の国の内、TOPとしてインドとフィリピンがそれぞれ順番に世界シェアの中56%及び15%を占めます。他に、アメリカ州でコスタリカ、ヨーロッパ州でルマニ及びポランドです。この国には優秀な多言語対応の労働者を持ってる強みがありますのに、コスト条件、リスクまた運営条件はグロバールのBPO事業営業状況を見直す事に重要的な動力要素です。

2016年度のBPOに関する目的国の内、ベトナムはTOPになってきました。ベトナムは労働効率、又は人件費、建設コストに関して他の国より低くて、一番目となります。ベトナムの人件費はインド・中国・他の東南アジア国と比べて50%ぐらいで、加えて栄養失調率が低いのもインドとの対比するとベトナムの長点です。

ベトナム政府はIT・BPOに関する外国投資者がもっと投資、開発できるために、多くの税金優遇で鼓吹します。自治体におけるリスクが低くて、GPTが上昇してくる背景で、ベトナムのBPO事業は現状の20%から毎日に35%までに成長できる見込みです。

ベトナムに対するアウトソーシングの好調

高コストあるいは高退職率のインド及び中国の代わり、ベトナムがよく注意されて、当たり前との事です。技術に関する大手な企業(SAMSUNG, Microsoft, LG またIntel)もベトナムに大幅な活動を投資してきました。

thi-truong-bpo-o-viet-nam

公募は何ですか?

2010年度に外国サービス国としてTOP30に承認された時に、ベトナムは初期にGARTNERより“GOOD”と評価されました。その後、既存している企業が色々な改善し、等しく発展できる同時に、卒業大学生、外国投資及び新規企業も共に一層成長できる事になります。GARTNERの今年1月の報告より中国・インドと共にベトナムが新規市場として世界TOPで唱名されます。

ベトナムの近代ITスキールはある場合にインドにイコールまた凌ぐことが出来ている。加えて、ベトナムの英語スキールも優秀であることです。英語教育学校は言語精通でITの上達する必要な要素である事を理解します。

明るい将来

現在にベトナムは発展経過の初期期間ですが、学校での情報技術に収集し、新規の優秀な世紀を持ってます。この投資は技術が成長する時に好結果を出て来るし、また企業はベトナムに拠点を設立するメリット・アトラクティブも見られる事になります。

ベトナムでのBPO事業が信用できる企業

有限会社ミン・フック(MPテレコム) ハナイ、ホーチミン、ダナンのベトナム最大の3都市にコンタクタセンターサービスを提供し、及びダナンにBPO(Business Process Outsourcing)を提供するベトナムでのトップ会社です。弊社はベトナム初のISO 9001:2008の認証及びISO27001:2013の情報セキュリティ認証を取得する会社です。

BPO事業に関して、下記のサービスを提供いたします

  1. データ処理・加工サービス
  2. 経理関連サービス
  3. 通訳・翻訳サービス
  4. オンライン販売入力サービス
  5. DTP/ITO

以下の連絡先までお問合せ下さい。

ホットライン:1900 585853
Eメール:Info@mptelecom.com.vn

MPTELECOM.COM.VN