Home » News » データエントリーをアウトソーシングすると、どこがよいのか、その理由は何か。

News, MP news

データエントリーをアウトソーシングすると、どこがよいのか、その理由は何か。

12/07/2016

こうした質問に対する回答は主観的なもので、例としてはデータ入力業者は、どこに委託したら良いのか、または最良なデータ入力サービスを提供するオンライン・オフライン企業はどんな会社なのかということです。この問題を分かりやすく説明しましょう。データ入力外注ソリューションは、あなたの事業運営を以前よりもローコストかつ効果を上げられるようにします。その結果、リソースの効率化、時間を最適化し、企業発展に影響を及ぼすコアビジネス活動に業務を集中させることができます。

Dich-vu-nhap-lieu_MP-BPO-JP

どうしてデータエントリーを委託すべきなのか?

●調査結果によると、83%の企業は外注したデータ入力案件がROIの24%以上に上ったと回答。

●89%はデータ入力外注がROIの目標数値に達したと回答。

●30%は受託先の成果に少し満足したと回答。

●70%は外注サービスにとても満足したと回答。

●データ入力アウトソーシング活動を各企業に評価していただくと、4/5点という結果になった。

事業内容によって、外注業務はケースバイケースです。そして、データ入力外注ソリューションは、あなたの事業運営を以前よりもローコストで効果的にします。このため、リソースを有効に活用できるようになり、時間を最適化し、企業発展に影響を及ぼすコアビジネス活動に専念できます。

外部と請負、または外注することで、企業の運営をさらに効果的かつ効率的にします。企業は次の2つの方法で業務を委託する傾向があります。一つは日常のオペレーションの一部を委託することです。もう一つは事業戦略として、一部業務を全てアウトソーシングすることです。

どこでデータエントリーを委託できるのか?

信頼できるデータ入力提供企業を探すには、様々な要因を考慮しなければなりません。なぜなら、データ入力アウトソーシングおよびデータ管理と言うサービスを行っている企業はたくさんあり、ご希望通りのBPOパートナーへのアプローチが簡単ではないからです。それゆえ、信頼できるプロバイダーの検索において、あなたの現状に合わせた優良なサービス提供企業が見つけられる様に、重要なチェックポイントを以下に記します。

情報セキュリティ:オンラインデータ入力プロバイダーを選ぶ際に、企業の機密情報を第(3)三者に漏洩することや不正に紛失を防止するために、情報セキュリティ管理システム(ISMS)を準じるデータ・情報管理およびISO-27001プロセスを調べ、確認してください。

先進技術ならびソフトウェアの利用:どのようなデータ加工会社と連携しても、納期を厳守しながら最良な成果物を納品してもらうために、その委託会社が先進技術ならびセキュアなソフトを適用しているかどうか確認してください。

精度:MPテレコムのような適格なデータ入力アウトソーシングの会社を選んでください。こうした企業はトラッキングエラーやデータ加工に熟練したデータ入力オペレーター(DE)、チェッカー、コミュニケーターを有しています。このようなスタッフは、日本のエキスパートにより、きちんと研修を受け、難しい試験に合格しています。それで、MPテレコムは自動ベリファイソフトや日本、イギリス、インドから大規模のデータ入力案件を受託した経験から、99.9%の精度が確保できます。

市場の把握や適応力:連携しようとするパートナーはあなたの企業、案件に求める市場把握および適応力を持っているかどうかを確認してください。

コスト効果コストは過去において主な役割を果たしました。したがって、社内業務をデータエントリーサービスプロバイダーに委託する企業・組織が徐々に増えてきました。

現在、新たなマインドセットの適用は全ての事柄がスタートしなければならないところです。国際基準に準じるデータ入力サービスを提供できる企業と連携することで、事業を改革することができます。

さらに詳しくは以下の連絡先までお問合せください。

ホットライン+84 906 202 098

メールアドレス:Info@mptelecom.com.vn