Home » 会社案内 » コアバリュー

コアバリュー

02/09/2014

1. 敬意

・認識

社会で生まれ育って存在し、発展する人間の自我は基本な要求である「尊重されること」を求めます。人間は金、地位、名声または涙と血も「尊重されること」という権利に交換することがあります。そして、尊重される人は多くの利益と良い物をもらえるのです。

・行動

人や物に対しても、自身の周りの全てのものに対しても敬意を払うと、「良質の酒には、ツタは要らない」という通りに利益が来るはずです。先に尊敬してから、尊敬されるということです。

我々の一人一人は組織の一部であるために、組織を尊重すべきです。

お金と高名を齎してくれるための顧客を尊重すべきです。

パートナーは同じ道を歩んでいつも近くにいてくれるため、パートナーを尊重すべきです。

一人では何も出来ないので、同僚を尊重すべきです。

自身を尊重しないと、誰にも尊重してもらえないため、自身を尊重すべきです。

仕事の結果はあなたがだれだと定義するために、仕事を尊重すべきです。

事務用品、設備は誰かの汗と涙から作られたものであるため、それらを尊重すべきです。

全ての人と物を尊重すると、成功できるはずです。

2. 規律

・認識

我々は「規律が力を生み出す」ということを認識しています。我々は組織であるため、強く安定した発展ができるように、行動の規制を作成、運用しなければなりません。規律に従うことで我々は正しく行動し、良い結果を得られます。そして、強くて団結がある組織を築くために規律従事心を高める必要があります。

・行動

規律に従うと回りの人が尊重してくれるため、規律を尊重すべきです。

積極的な考え方で自発的に規律に従うべきです。

顧客及びパートナーにMPテレコムの職業的な作業スタイルを証明するために、良い規律を定める必要があります。

我々は組織の公平性を確保するための規律を重視し、規律が日々の作業に平行に維持されるように努力しています。

MPテレコムが持続的に発展できるような力を生み出すために我々は一緒に規律に従っています。

3. 前向き

・認識

誰にも「生きるか存在するか」という大きな質問があります。すなわち、生活に押し流されるように存在するか、生活を自分の意に管理し積極的に生きるかという質問です。仕事が人間を生み出すのではなく、人間が仕事を生み出すもので、前向きな人は自発性及び創造的に作り出されるということです。

・行動

自発とは我々が思い切って責任を引き受け、考慮し、行動することです。

我々は他の人にあまり監督されずに自分の任務を自発的に完了させます。自発性により我々はより効率的に仕事できると信じています。我々は観察、考慮、学習、課題解決を自発的にします。

自発性により我々は前向きな方向に考慮し、何の問題でも解決できると信じます。

解決方法はどこか我々の周りにあると信じています。問題は我々が自発的に探せるか、どのぐらい探していけるかということです。

4.適応性

・認識

「同じ河に二度入ることはできない」、我々は昨日の自分とは異なっています。人間は生まれてから変更を伴い生きています。ただ、現代の社会では変更がより早く、頻繁に起こります。競争排除は連続的に起こっていることを当然の事実として認めて、発展の動力が革命ですので、それらを思い切って発展のチャンスに生かします。

・行動

我々は変更について自己認識し、呼吸空気として見なしています。我々は組織について継続的に考慮、調整し、課題解決をし続けています。

我々は常に変更をシステム考慮と結び付けています。

変更が起こる前に積極的に受け入られるように我々は変更に敏感です。

我々はより素早く適応できる能力で競争し勝利できます。

5.チームワーク

・認識

人間社会は集団社会です。我々は存在及び発展するためにお互いが必要です。団結がある団体の共鳴力を示す「人手が多ければ仕事は楽になる」という諺があります。何でも結束及び意見の一致により解決できたら、良い結果を得られるはずです。

・行動

仕事上でも、人間関係に避けられない衝突を認めます。仕事のため、我々は意見の一致を得られるように話し合う必要があります。

我々は「個人の失敗はMPテレコムの失敗である」と見なすので、一人をサポートするのは自身を含むMPテレコムをサポートすることです。

我々は同僚の能力と彼のことを信じています。

我々は仕事と約束し、その責任を負う必要があります。

仕事上でも、生活上でも、笑顔と思いやりを促進します。